初心者向け!WordPressのプラグインインストール方法解説とアップデート・管理について

公開日:  最終更新日:2016/03/25

WordPress本体でも十分高性能ですが、さらに機能を拡張や増強をすることができます。そのために利用するのが、WordPress専用のプラグインというしくみです。今回は、このプラグインをWordPressに追加する方法を、解説したいと思います。

プラグインは、精巧なプログラムでできています。万一不具合が発生した場合などには、作者が改良版を公開して、利用者にインストールし直すことを通知しています。これをアップデートと呼び、WordPressでは独自のやり方で実施することが可能です。このアップデートの実施方法に加えて、注意点を事前に頭に入れておくことも大変に重要です。それにより、トラブルを回避できる可能性が高まるからです。

5プラグインの管理

最も簡単なインストール方法

最近のWordPressのバージョンでは、WordPressの管理画面にあるメニューからダウンロードして、すぐにインストールすることが可能になっています。この方法は最も簡単で、かつ確実な方法です。操作方法は以下の通りです。

必要なプラグインを以下の方法で探す

(1) メインメニューからプラグインの新規追加をクリックする
(2) プラグインの検索欄にインストールしたいプラグインの名称を入力して、エンターキーを押す
1プラグインの新規追加

(3)検索候補が表示される
(4)利用するプラグインを決定する

プラグインのインストールを行う

(1)下図のように赤枠の「今すぐインストール」をクリックする
2プラグインのインストールを行う

(2)インストールが始まり、完了のメッセージが出る
(3)「プラグインを有効化」(利用の開始指示)をクリックする

プラグインの設定を行う

有効化を行うと、すぐに使用できるプラグインがあります。

一方で、設定が必要なプラグインもあります。その場合には、画面の表示に従って進めてください。たいていの場合は、利用したい機能を細かく選ぶ質問です。

その質問内容が英語の場合は、落ち着いてよく読んで正しい設定をしてください。どうしても不明な場合には、まずは最初から設定してある選択肢(ディフォルト値)にして、あとは公開されている日本語の各種情報を探して参考にしてください。

上級者向けインストール方法

WordPressの管理画面にあるメニューから、プラグインのプログラムを前述の通りにダウンロードができないことがあります。そのような場合でも、あきらめたり心配したりする必要はありません。他に方法があるからです。難易度は高いですが、これから2つの方法を紹介します。

想定されるのは、WordPress プラグインディレクトリにないプラグインを利用したい場合です。こちらのディレクトリには、2016年2月時点で42,000以上のプラグインが登録されていますが、世界中にはまだまだ優れたプラグインが存在しています。

この場合には、プラグインの作者のWebサイトより、プログラムを一旦ダウンロードしてから、WordPressのあるサーバーにアップロードする作業を行います。では、具体的にどうすればいいか説明していきましょう。

方法1. ZIP(圧縮)ファイルでプラグインを導入する

(1) 作者のWebサイト上で、プラグインのデータをご自身のパソコンにダウンロードする
(データの形式は必ずZIPファイル)
(2)-1 WordPressのメインメニューでプラグインより、新規追加をクリックする
(2)-2 プラグインのアップロードのボタンをクリックする
(2)-3 「参照」ボタンを押し、上記(1)のファイルを選択する
3ZIP(圧縮)ファイル

(3) プラグインのデータのアップロードの開始と終了を確認する
(4) 「プラグインを有効化」をクリックする

方法2. FTPソフトにより、プラグインのデータをサーバーにアップロードする

(注:この作業にはWebサーバーへのアクセス権限と、操作可能なスキルが必要)
(1) 作者のWebサイト上で、プラグインのデータをご自身のパソコンにダウンロードする
(2) ダウンロードしたプログラムファイルを、解凍ソフトを使用して解凍する
(3) 解凍したフォルダー(ファイル)を、FTPソフトにてサーバーにアップロードする
(4) WordPressのメニューで、プラグインよりインストール済みプラグインをクリックする
(5) 「プラグインを有効化」をクリックする

【(補足) FTPソフトでのアップロード方法】

a. FTPソフトでサーバーのプラグインのデータの保管場所 (wp-content/plugin)を選択
b. アップロードしたいフォルダー(ファイル)を選択の上、アップロードボタンを押す

ここではFFFTPというFTPソフトを使用しています。詳しいご利用方法は、ソフトのマニュアルなどをご参照ください。
4FTPソフトでのアップロード

プラグインの管理・アップデートで気を付けるべきこと

プラグインは一度入れたらそれで完了という訳ではありません。プラグインの作者によるプログラムファイル更新、すなわちアップデートには都度対応しなければなりません。

(1) プラグインの管理
下図のaのように、メインメニューに赤丸の数字が表示されている場合には、プラグインのアップデートが必要です。なお、この数字はアップデート対象のプラグインの数を表しています。プラグインをアップデートするためには、WordPressのメインメニューでプラグインより、インストール済みのプラグインを選択します。すると下図のb.のような画面が表示されるので、基本的には「今すぐ更新」をクリックしてください。
5プラグインの管理

(2) アップデートで気を付けるべきこと
プラグインのアップデートを行う際には次の点に注意が必要です。サイトのバックアップをとっておくということです。万一トラブルがあった場合には、このバックアップデータを用いて、サイトを復旧できるように備える必要があるからです。

通常、プラグインのアップデート作業は問題なく行われます。

ただ、プラグインのアップデートにより、サイトの表示がおかしくなったり、場合によっては画面が真っ白になったりすることがあります。ごくまれなトラブルではありますが、もしもの場合に備えバックアップをとり、予防しておくことは大変に重要です。

まとめ文章

ここまでいかがでしたでしょうか。WordPressのプラグインのインストール方法と、そのアップデート方法、さらには管理上の注意点を解説してきました。WordPressの機能を拡張する際に鍵となるプラグインにも、操作上の注意点があることがおわかりになられたと思います。まずはバックアップを必ずとり、安心してアップデート作業を実行していただきたいものです。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲