WordPressで作るコーポレートサイトにおすすめのテーマ・作り方

公開日:  最終更新日:2015/10/28

無料で誰でも更新できるWordPressを使ってコーポレートサイトの立ち上げをお考えの方に、おすすすめのテーマやHTMLの知識がなくても簡単に作れる方法を伝授します。

スマートフォンを使う女性の手

コーポレートサイト(企業サイト)向けテーマ、そのポイントとは

最近ではコーポレートサイトをWordPressで構築するという企業も増えてきました。一般的なコーポレートサイトで掲載する情報の種類は多種多彩というわけではなく、ある程度カテゴリーが決まっているため、デザインやレイアウトもおおよその構成は決まってきます。WordPressでコーポレートサイトを構築する際にどこに注目すれば良いか、そのポイントをご紹介します。

フレキシブルに対応できるヘッダーメニューがあるか
ある程度決まっているとはいえ、掲載する要素は企業によって多少なりとも増減します。それに伴いヘッダーメニューが増減するでしょうが、違和感無く対応できるかどうか、後から簡単にメニューを追加できるかどうかというのは重要になるでしょう。
トップページを魅力的にするメイン画像が配置できるか
企業の顔であるコーポレートサイト、そのトップページには企業イメージを表すメイン画像を掲載したくなるのではないでしょうか。テーマを選ぶ際にはそのメイン画像を綺麗に表現し印象づけることができるかどうかも重要です。
トップページ下部に「サービス紹介」がしやすいレイアウトがあるか
トップページには企業イメージのメイン画像を載せれば終わりではありません。そこから各種サービスなどの紹介と導線を設置するでしょう。サービス紹介にはロゴ画像と簡単なテキストを載せた方がより多くの人にサービスを認知してもらえるでしょう。選択したテーマではそういったサービス紹介に向いているレイアウトかどうかもチェックしておきましょう。
レスポンシブ(スマホ対応)か
せっかく作るコーポレートサイト、今やインターネットの接続端末として圧倒的な利用者数になったスマホに対応しないのはもったいないでしょう。WordPressならレスポンシブ対応のテーマも数多くありますので、スマホでアクセスしてきたユーザーにも適切なレイアウトで表現してあげると良いでしょう。

コーポレートサイト用WordPressおすすめテーマ3つ

これまでに紹介したポイントを中心に、企業サイトのデザイン・配置におすすめのテーマを3つ紹介します。他にも魅力的なテーマはいくつかありますので、今回紹介するものと比較しながら自社のコーポレートサイトに相応しいと思えるテーマを探してみてください。

impulse

トップページ中央にメイン画像をスライドショー形式に表示でき、レスポンシブにも対応しているテーマです。白を基調としたカラーリングですので、爽やかで信頼感を感じさせてくれるでしょう。トップページにはサービス紹介に適したボックスエリアもあり、手軽に素早くコーポレートサイトを立ち上げるにはもってこいのテーマといえます。


impulse
https://ja.wordpress.org/themes/impulse/

Wallstreet Light

ヘッダーメニューにソーシャルボタンや電話番号、メールアドレスが配置されており、問い合わせや連絡を受けやすくしている構成となっています。昨今ではソーシャルサービスを活用している企業も多いと思いますので、コーポレートサイトにそれらソーシャルサービスのボタンが設置できるのはありがたいのではないでしょうか。


Wallstreet Light
https://wordpress.org/themes/wallstreet-light/

discover

無料で高機能なdiscoverも人気のテーマの1つです。カスタマイズが簡単でWordPress初心者でも1日で簡単なサイトが構築できてしまうほど、と評判です。細かいカラーリングの設定が可能になっているためコーポレートカラーに応じたサイトを作りやすくなっています。


discover
https://ja.wordpress.org/themes/discover/

簡単なカスタマイズ法・作り方

お気に入りのテーマが見つかったら、テーマの名前をコピーしてWordPressの管理ページから左側にあるメニューの「テーマ」をクリック、「新規追加」から検索窓にテーマの名前を入力しインストールしましょう。

メインカラーの変更

コーポレートのロゴやイメージカラーに合わせたカラーリングにしたくなると思いますが、CSSファイルにて一括置換することで、メインで使っている色を変更することが可能です。CSSファイルを編集してカラーリングを変更するやり方をご紹介しましょう。

Chromeのアドオン:カラーピッカー「ColorPick Eyedropper」を使おう

まず色をCSSで指定するにはカラーコードを取得する必要がありますが、Chromeのプラグインである「ColorPick Eyedropper」を使えば、ブラウザ上から簡単にカラーコードを取得することが可能です。画面上のほんの僅かなスペースでも拡大鏡で表示しワンクリックでカラーコードが取得できるため、人気のプラグインになっています。


ColorPick Eyedropper
https://chrome.google.com/webstore/detail/colorpick-eyedropper/ohcpnigalekghcmgcdcenkpelffpdolg

テーマ編集からCSSを一括置換

カラーコードを取得したらCSSファイルにカラーコードを適用しましょう。管理ページの左側メニューの「外観」から「テーマ編集」へと進み編集するテーマを選択するとCSSファイル(style.css)が編集できる画面になります。こちらに先ほど取得したカラーコードを適用していけばカラーリングの変更が行えます。変更すると元には戻せませんので事前にバックアップを取る、変更前のコードはコメントアウトして残しておくなどの対処をしておくのが良いでしょう。
テーマ編集

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲