WordPress ランダムバナーをヴィジェットで管理できるプラグイン【Random / Rotating Ads V2】

公開日:  最終更新日:2015/06/24

WordPressを使って作られたメディアや企業ブログで、簡単にランダムバナーを管理画面で登録・配信できるおすすめのプラグイン【Random / Rotating Ads V2】をご紹介します。

Random / Rotating Ads V2プラグイン

【Random / Rotating Ads V2】どんなときに使える?

Random / Rotating Ads V2は、複数の広告を登録してランダム表示できるプラグインです。広告の表示位置は記事下や右サイドなどウィジェットやPHPコードで指定でき、シンプルで導入が容易なため人気のプラグインの1つです。

できること

  • 複数広告グループの作成
  • 広告グループ内でランダムに表示
  • 広告の前後に入れるテキストの登録

できないこと

  • 表示割合の変更(すべてが均等な割合で表示されます)
    ※多めに出したいときは、同じバナーを複数入れることで可能
  • PVカウントやクリックカウント
    ※クリックカウントはGoogleアナリティクスで設定しましょう
  • 特定の記事やカテゴリーにのみ表示する
    ※WordPressの条件分岐等で対応する必要があります

インストールから設定まで

WordPressの管理画面にログインし、プラグインの新規追加にて「Random / Rotating Ads V2」と検索してインストールできます。インストール後の設定はまずローテーションするための広告グループを作成し、その中に広告コードを追加していく、という流れになります。
設定する項目は以下のとおりです。

RotatingAds2 管理画面

  • Ad Group Name:広告のグループ名
  • Before Ad:広告の前に入れるテキスト・タグ
  • After Ad:広告の後に入れるテキスト・タグ
  • Ad Boxes:広告コード

また、正しく入力できているとプレビューに表示されますので、もし表示されない場合は何か誤りがある可能性が高いです。その場合は再度確認してみてください。

表示はテンプレート埋め込みかヴィジェットを使うか選べる

登録した広告コードの表示位置は基本的にはウィジェットで指定できますが、テンプレートに直接記述して設定することもできます。基本的な表示位置はウィジェットで充分対応可能です。どういうときに直接記述する方法を採るかというと、特定の記事やカテゴリーにのみ表示したい場合に採用することが多いようです。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲