VPSとは?機能と選び方を徹底解説

公開日:  最終更新日:2015/03/27

VSPとは、バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual Private Server)の略称で、その名の通り、物理的に1台のサーバーの中に仮想的に専用サーバーのように作られた共用サーバーであることを意味します。初心者の方に分かりやすく、その機能や選び方について解説していきます。

businessman working with new modern computer show social network

VSP(ヴィ・ピー・エス)とは?

VSPとは、バーチャル・プライベート・サーバー(Virtual Private Server)の略称で、1台の物理的なサーバー上に仮想化技術を用いて複数の仮想サーバーを構築するサーバー及びそれを用いたレンタルサーバープランのことを指しています。

1台のサーバーを複数人で利用数点は共用レンタルサーバーと同じでありながら、
1つ1つが独立していることで専用サーバー並みの自由度もあり、近年急速に利用者数が増えています。

VPSの機能~できること・できないこと~

VPSはroot権限を持つことができるため、専用サーバーとほぼ同等の自由度があり、できないことがないように思われますが残念ながら制約はあります。

VPSにできること

共用レンタルサーバーだと一部の設定値しか変更できないことが多いですが、root権限を持っているため、各種ソフトウェアのインストールと設定を全て行えます。
この点に関しては専用サーバーと全く同等と言って良いでしょう。

また、仮想的とはいえそれぞれが独立しているため、共用レンタルサーバーほど他人の影響を受けずに利用することができます。

VPSにできないこと

root権限を持っているため何でもできるようにみえますが、まずOS関連に関しては制約を受けます。
仮想化技術を用いているためOSは自由に選択することはできず、予め用意されたものから選ぶことになります。
同様にOSレベルでのアップデートはレンタルサーバー各社の検証が済んでからでないと利用できません。

細かく挙げれば他にも色々ありますが、各社の採用する仮想化技術によって異なる点もあるので、詳しくはレンタルサーバー会社にお問い合わせしてみてください。

VPSを選ぶ際の注意点とは?

VPSを選ぶ際の注意点をご紹介します。

サーバーの性能

VPSのプラン紹介で各社仮想サーバーのスペックを公開しています。
CPUはCoreいくつ分か、メモリは何GBか、HDDはどのくらいか…etc
特に共用サーバーからVPSへ移行しようと考えている方は、これまでCPUとメモリに関しては意識してこなかったでしょうから、どのくらいの性能が必要なのかチェックしておきましょう。

安定性

安定して使えることはサーバーの基本中の基本です。

共用サーバーや専用サーバーは基本的にレンタルサーバー各社が運用を行ってくれますが、
VPSの場合は仮想化されたサーバーであるため、運用は基本的に自分で責任を持って行わなくてはならないため安定性は特に重要になるでしょう。

安定性は指標化されにくいものではありますが、稼働率何%であるかだったりインターネット上の口コミなどで情報が集められるので調べておきましょう。

スペックアップ

使い込んでいくうちに、より高い性能が必要になるケースがあります。
その場合に簡単にスペックアップができるのか予め調べておきましょう。

単純にプランを上位にするだけのものから、HDDを10GBだけ追加するなど細かく対応できるものまで、VPSによって各社まちまちですので注意してください。

おすすめのVPSサービスを紹介します

先程の注意点を踏まえたうえで、いくつかのVPSを実際に利用するなどして調査してみましたが、カゴヤ・ジャパンのVPSは安価で速く、安定していました。

カゴヤ・ジャパンの場合には最も安いTypeAでも月額864円(税込)と安価でありながらCPUがCore3つ分と他社にはない高い性能を持っています。

また、HDDやメモリを増設したい場合は通常プランを上位のものに変更しなくてはなりませんが、カゴヤ・ジャパンの場合はプランを変更することなく、管理画面から即座に追加できるようになっており、大変便利だと感じました。

他にもさくらインターネットのVPSプランは容量に応じて細かくプランがわかれているうえ、HDDの代わりにSSD(HDDより数倍高速)を選択できるようになっていて、容量(HDD)かSSD(速度)か利用シーンに応じて選択できるのは魅力的でした。
※ただし、SSDを選んだ場合はHDDの場合より容量が少なくなります

VPSについてもっと詳しく知りたい方はこちらのリンク先もぜひご覧ください。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲