ネットショップ開業の手順とサイト立ち上げ・レンタルサーバー選び

公開日:  最終更新日:2015/11/11

お店を経営している方がネットショップを開業する際に準備すべきことや、サイト立ち上げの手順・レンタルサーバー選びなどを解説します。これからEコマースにチャレンジされる方はぜひお読みください。

ショッピングカート

まずにやるべきこと=商品の撮影と原稿用意

実店舗を運営されていて商品がもうある場合のお話になりますが、実は意外と忘れがちなのが商品写真と商品説明の原稿。実店舗では説明はお客様との会話で、実物を見せながら説明でき、お客さんからの質問にもその場で答えられますが、ネットショップの場合はそうはいきませんので商品の魅力が伝わるような写真や分かりやすい説明文章を用意しなくてはいけません。それぞれ必要な作業を簡単にではありますがご説明します。

撮影方法

そのままお店にあるものをテーブルに置いて撮影すると「素人っぽい写真」になってしまい、チープな商品ページになってしまいます。さほど大きくない商品を扱っているのであれば1万円以下でドームスタジオが購入できますので必要経費と思って買っておくと良いでしょう。プロに撮影代行を頼む、という方法もありますがカットが気に入らない場合は撮り直しになり、その分費用がかさんでしまうことなどから、慣れないうちはあまりおすすめできません。最初はご自分のデジカメを使っての撮影が良いでしょう。

ドームスタジオ・ライティング

写真加工は代行で

撮影はこだわりが必要な部分ですが、写真加工はプロにお任せがおすすめです。撮った写真はそのまま掲載するよりも、切り抜きや合成、色味や鮮やかさの調整などを行ったほうが良い場合があります。しかしそういった作業には時間やスキル、ソフトウェアが必要になりますのでクラウドソーシングなどを利用するのが良いでしょう。

原稿ライティング

商品の紹介文章はもちろん店舗運営の方が書いた方が良いでしょう。商品の特徴やその良さが伝わる文章を書くにこしたことはないのですが「文章が苦手」「言葉に詰まってありきたりな説明文しか書けない」そんな場合も有ると思います。そういう方はクラウドソーシングで依頼しましょう。「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのサービスで探せば、比較的簡単にライターさんを見つけることができると思います。

ネットショップ用ECサイト構築準備

まずはネットショップをどのように開業するかを決めましょう。楽天などのモールへの出店、STORES.jpのようなASPサービスの利用、レンタルサーバー+EC−CUBEによる自社サイトでの運用など様々な開業方法があります。詳しくはこちらにまとめていますのでご覧ください。
無料でECサイトを構築する方法まとめ

自社サイトを運営する場合はレンタルサーバーを契約

様々な構築方法の中で最も自由度が高く、拡張しやすいのが「自社サイト」による構築です。ECサイトを自社運営するにはセキュリティのしっかりとした信頼性と安定性の高いレンタルサーバーを選ぶことが重要です。
ECサイト運営におすすめのレンタルサーバーランキング

ショッピングモールと2店舗運営もおすすめ

楽天とYahooショッピング、のような形で2店舗運営することもおすすめです。単純に集客力の向上が期待できますし、2店舗で商品の見せ方を色々試しながら 売上の向上に繋げることもできます。

プロモーション計画

ネットショップは作っただけでは人が来てくれません。リスティングやアフィリエイトなどの広告出稿、SEO対策など様々な集客対策を計画しましょう。SEO対策はサイト構造や商品説明の文章を工夫するなど、お金を掛けずに対応できるので必ずやった方が良いでしょう。広告出稿は予算や扱う商品によってはやらない方が良い場合もありますので競合他社のことなどをしっかりと事前に調べておきましょう。

梱包・配送のための準備

扱う商品にもよりますが、一般的に運送会社との契約などは最後でOKです。ネットショップを立ち上げてもすぐに大量配送が必要になることは無いでしょうし、利用するASPサービスによっては発送サポートがある場合もあります。まずは売れる状態を作ることを優先し、その準備が整ってから梱包・配送の準備を整えていく、という順番が良いでしょう。

おすすめブログ

ネットショップの立ち上げに関する情報が詳しいおすすめブログをご紹介します。
ネットショップとアプリ開発屋のブログ:はみ出るじぃーま
おすすめ投稿:割とノープランでネットショップを開業してから5ヶ月経ったのでまとめ
ネットショップ開業ブログ
おすすめ投稿:ネットショップ開業!初心者が脱サラ起業した結果まとめ

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲