ECサイト運営におすすめのレンタルサーバーランキング

公開日:  最終更新日:2016/09/16

自社ECサイトを立ち上げて運営しようとお考えの方、レンタルサーバー選びはどうか慎重に。「いい」サーバーを選ばなければ、大きな機会損失・売上ダウンになります。ここでは管理人おすすめのネットショップに強いサーバーをランキングしてみました。

おもちゃの表彰台

注意すべき点は2つ!「セキュリティ」と「データベース」

ECサイトを運営するサーバーを選ぶ際の重要なポイントは「セキュリティ」と「データベース」の2つに絞られると言っても過言ではないでしょう。それぞれ、重要視すべき点とその理由を簡単にご紹介します。

(1)セキュリティは大丈夫?

ECサイトを運営すると必ず扱うことになるのが個人情報です。サイトで商品を購入してくれたお客さんの氏名や住所などの情報に加え、クレジットカード決済をした場合にはその情報も扱うことになります。近年、個人情報に関する法整備が進んでいる一方で、個人情報の漏洩事件も頻発しています。万が一の被害に合わないように、セキュリティ対策がしっかりしているサーバーを選ぶと良いでしょう。共用サーバーや専用サーバーなど、使用するサーバーのタイプによって具体的なセキュリティ対策は異なってきますが、どのサーバーを使用するとしても、使用する開発言語やEC−CUBEなどのソフトウェアパッケージのバージョンが最新か、それに近いものになっているかどうかは最低限押さえておくと良いでしょう。

(2)データベースは高速?

コーポレートサイトや個人のブログサイトに比べて、ECサイトでは商品の検索機能やカテゴリ毎の分類、在庫管理など一般的に処理が複雑になってきます。また、商品のセールや特売などを行った場合にはアクセスが短時間に集中することも想定されます。そうした状況に耐えうるだけの高速なデータベースが使えることもサーバー選びの重要なポイントになります。通常、レンタルサーバーを1台手配するとWebサーバーとデータベースサーバーは同じサーバーを使用することになりますが、Webサーバーの負荷がデータベースの処理に影響してシステム全体が遅くなってしまうことがあります。ECサイトにとってサイトの遅延は売上に直結しますので、Webサーバーとデータベースサーバーは別々のサーバーになるように構築した方が良いでしょう。一部のレンタルサーバーでは共用サーバーでもWebサーバーとデータベースサーバーは別々になっていますので、そういったレンタルサーバー会社を選ぶのも手です。

ECサイトにおすすめのサーバー勝手にランキング

管理人の独断と偏見で、比較的安価でセキュリティ対策がしっかりしていてデータベースの高速化も期待できるレンタルサーバーをピックアップしました。

1位:カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・ジャパンの特徴は、Web・メール・データベースが共用サーバーでも個々に分かれていることで抜群の安定感が期待できるうえに、データベースサーバーには標準でSSDが搭載されているなど、パフォーマンスの面で非常に心強い環境になっています。
また、セキュリティ対策もWAFとIPSが標準で利用できるようになっており安心できるでしょう。これだけ充実していながらデータベースが利用できる共用サーバープラン(S21)は1年契約で1ヶ月あたり1,728円と比較的安価な料金となっており大変おすすめです。さらに特筆すべき事項としては、プランアップの際にデータ移行を依頼できる点です。例えば最初は最小構成で契約しておいて、売上や会員数の伸びによってはマネージド専用サーバーにプランアップする、といった場合でもデータ移行を依頼できるので長く安心して利用できるのではないでしょうか。

2位:WADAX

WADAXはセキュリティ対策に最も力を入れているレンタルサーバー会社の1つです。セコムトラストシステムズによる安心セキュリティが全サーバーに搭載されており、不正アクセス対策だけでなく、定期的に脆弱性の診断も行ってもらえるのでセキュリティ知識に不安の有る方にはおすすめです。また、WADAXもディスクにはSSDを利用しています(HDDとのハイブリッド)ので高速化の期待もできるでしょう。最安プランのTypeB(1ヶ月あたり1,188円)からこれらの機能は利用可能ですが、データベース数が1つだけだったり、マルチドメイン非対応なので、TypeS(同1,944円)以上のプランを選ぶと良いでしょう。

3位:さくらインターネット

非常に豊富なプランを用意しているさくらインターネット。年間一括払いでわずか515円/月で利用できるスタンダードプランでもWAFやIPSなどの基本的なセキュリティ対策が備わっています。残念ながらSSDは共用サーバープランにはありませんが、格安で利用できるのでコストパフォーマンスはかなり良好でしょう。独自SSLの導入がコントロールパネルから行えるという機能がありますので、専門知識に自信のない人にとっても安心だと思います。

4位:Web ARENA

NTT PCが提供するレンタルサーバーサービスです。FirewallやIPSによるセキュリティ対策はもちろんのこと、Webページの改ざん検知にも対応しています。改ざん検知は有料アップグレードをすれば最大4,000ページまで対応してくれるので活用すれば不測の事態をいち早く発見する手助けになるでしょう。また、Web ARENAの珍しい特徴としてWebサーバーの100%稼働保証があります。もし稼働率が100%を切った場合には月額費用を減額するというもので、それだけ安定稼働には自信があるとも言えるでしょう。

5位:Xserver

プランは少ないですが、最安プランのX10(月額1,000円)でも200GBのHDDにデータベース50個にマルチドメイン無制限で利用できるレンタルサーバーを提供しており、こちらもコストパフォーマンスはかなり高いと言えるでしょう。残念ながらSSDではありませんが、サーバーの速度には気を配っているようで、特にストレス無く快適に使えているという利用者の声が多く見受けられます。またデータベースのデータが最大で14日分自動的にバックアップされているので万が一の場合にも復旧できるという点もおすすめポイントです。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲