モバイルファーストの重要性とレンタルサーバー選び

公開日:  最終更新日:2015/07/22

「自社サイトをスマホ表示させたい」Web担当者や個人起業家の方々必見。後悔しないレンタルサーバー選びは”モバイルファースト”への理解が鍵です。

モバイルファースト

モバイルファーストとは

WebサイトやWebサービスの運営方針の一つで、スマートフォン向けのサイトをPCサイトより先に、あるいはPCサイトと同時にリリースするなど、モバイル向けの設計・開発を最優先にする姿勢のことです。これまでは表現力の違いや利便性からモバイル版はPCの版の後に開発されることが多かったのですが、昨今のスマートフォンやタブレットの急速な普及により、PC版よりモバイル版を優先するモバイルファーストな企業が増えてきています。

モバイルシフト

モバイルファーストでサイトパフォーマンスを上げるには?

昔に比べ、モバイル環境は圧倒的に回線速度が速くなりました。とはいえ、通信量の制限があったり、光ファイバーやADSLは、一般的なPCに比べるとまだまだ回線速度は遅いです。モバイルファーストの考えでサイトパフォーマンスを最大限に発揮させるための考え方のポイントをいくつかご紹介します。

モバイルならではのユーザビリティを設計する

モバイルでの操作はタップやスワイプなどPCとは違った独特のものが多くあります。PC時代の考え方で設計するのではなく、モバイルらしく使えるような操作性、画面構成を考え、設計することがモバイルファーストの重要なポイントと言えます。

サイトの表示速度を向上させる

画像サイズをなるべく小さくしたり、ブラウザキャッシュを上手く使うなどの対策をして、サイトの表示速度をできるだけ向上させましょう。表示速度が速すぎて悪いということはありません。一節によると、サイトの表示速度が遅くなるとCVRが落ちるとも言われています。

レスポンスの良いサーバーを選ぶ

いかに表示速度を上げるべく、画像サイズを切り詰めたりしても、サーバーが貧弱では意味が薄れてしまいます。サーバーのCPUやメモリ等の性能に加え、サーバーの持つ回線速度も重要ですので、サーバーもしっかりと吟味しましょう。

スマホサイトを考えたサーバー選びのポイント

最近「歩きスマホ」という行為が社会的に問題になるように、PCサイトと違いモバイルはどこからでもアクセスできる代わりに「ながら使い」が多くなっています。そのため、表示するまでに時間が掛かってしまうと、すぐに他のアプリやサイトに移られてしまいます。モバイル利用を前提に考えた場合のサーバーの選び方のポイントをご紹介します。

転送量は無制限が良い
転送量の制限が掛かってしまうととたんにサイトはものすごく遅くなってしまいます。そういったリスクを避けるためにも転送量の制限がないサーバーを選ぶと良いでしょう。
回線速度は速ければ速いほど良い
サーバーの回線速度はユーザーとの通信速度に大きな影響を与えます。最低でもベストエフォート型の100Mbps以上は必須と言えます。
サーバースペックで優先すべきはCPUとメモリ
サーバーの性能を見比べる際に、CPUとメモリには注目しましょう。CPUが速ければ全体的な処理速度が向上しますし、メモリが多ければキャッシュが効いてより高速なレスポンスが期待できます。
共用サーバーより専用サーバー
共用サーバーは他者と共存しているため、他の人の利用状況に影響されます。また、サーバースペックも分割して割り当てられているため専用サーバーに比べ劣る部分が多いです。そういったデメリットのない専用サーバーの利用を検討しましょう。
ディスクはHDDよりSSDが良い
最近ではディスクにHDDより高速なSSDを使っているサーバーが増えてきました。ディスクの速度はボトルネックになることが多いので、容量が少なくても良い場合にはSSDを使っているサーバーの利用を検討しましょう。
サーバーの所在地は国内で
インターネットの通信は電子的なため非常に高速で、距離の影響はさほど大きくありませんが、一方で確実に存在します。同じ性能のサーバーであれば日本国内にあるサーバーの方が確実に海外にあるサーバーよりレスポンスが高速ですので、海外向けのサービスでもない限り、日本国内にあるサーバーを選びましょう。

cap_03

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲