アフィリエイトサイト運営者に人気のレンタルサーバーとは

公開日:  最終更新日:2016/09/16

レンタルサーバーでアフィリエイトビジネスを始めようとお考えの方に、アフィリエイターに人気のサーバーや選び方をお教えします。

部屋でパソコンを使う女性

アフィリエイトに向いているレンタルサーバーとは

無数にあるレンタルサーバー各社からアフィリエイトサイトの運営におすすめのレンタルサーバーを見つけようとしても、どれを選んでよいのか判断が難しいと思います。
せっかくお金を稼ごうとしているのに変な条件のサーバーを借りてしまい結局借り直すことになってしまっては本末転倒です。
ここではアフィリエイトサイトの運営に向いているレンタルサーバーの条件をご紹介します。

1.マルチドメインの対応数が無制限またはそれに近い数に対応している

アフィリエイトサイトで稼ぐには複数のサイトを独自ドメインで運営するのが基本です。
ですので、最初の条件としてはマルチドメインの対応数ということになります。

マルチドメインの対応数=作れるサイトの数ということになりますので、
これは多ければ多いほどよいでしょう。
特に最近では無制限になっているレンタルサーバーサービスも増えていますので、
そういったサービスが無いか探してみることが重要です。

2.データベースの作成数が多い

HTMLだけでサイトを作成するのであればデータベースは必要ないかもしれません。
ですが、記事の更新作業を簡略化するためには多くの方がWordPressなどのブログツールなどを使うでしょう。
ブログツールを使ってアフィリエイトサイトを作る場合には必ずMySQLなどのデータベースを使用することになります。
ですのでデータベースの作成数も重要な指標となってきます。

3.月額費用とHDDの容量のバランスが良い

いくつものサイトを運営するためにはその分それぞれの独自ドメインを取得することになります。
ドメイン取得費用は.comなどで年間1,000円ほどですが、それでもいくつも取得すればそれなりの金額になってくるでしょう。
ですのでレンタルサーバーの月額費用は極力安く抑えたいものです。
また、複数サイトを運営するので当然それらの情報を保存するためのHDDの容量も重要になってきます。

月額費用が安く、HDD容量が多いレンタルサーバーはアフィリエイト向きといえるでしょう。

4.サーバーの安定性が高い

アフィリエイトサイトに限らず、せっかくサイトを運営してもサーバーが安定して動いていなければ意味がありません。
不安定なサーバーでは表示が遅かったり、サイトそのものに繋がらなくなってしまうこともあります。

サーバーの安定性という指標は一見わかりづらいかもしれませんが、
安かろう悪かろうのサーバーを選ばない、というのは重要なことです。

5.転送量の制限を気にしなくてよい

意外と見落としがちなのがこの転送量。
転送量とはレンタルサーバーとPCやスマホのブラウザとの間でのデータのやり取りの量のことで、
画像や動画などサイズの大きいファイルのやり取りが増えれば増えるほど転送量は増えていきます。

転送量の制限にひっかかってしまうとサイトに繋がりにくくなってしまいますので、
もし画像や動画を多く使ってアフィリエイトをやろうと考えている場合には、この転送量にも気を配るとよいでしょう。

6.サポート体制がしっかりしている

最後はサポート体制です。
これはサーバーに関する知識が豊富な人、自信のある人にはあまり関係ないと思うかもしれませんが、
何かサーバートラブルが発生した場合にすぐに対応してもらえるかどうかは重要です。

安心してサイト運営に専念できる、というのもサポート体制がしっかりしていることの大きなメリットではないでしょうか。

おすすめの共用レンタルサーバープラン

先ほどの条件を満たす共用レンタルサーバーのプランはどんなものがあるのでしょうか。
ここではレンタルサーバー各社のプランの中から月額2,000円以内・HDD100GB以上・マルチドメイン10個以上の条件を満たしているプランを抜粋してご紹介します。

会社名 プラン名 月額 HDD容量・マルチドメイン・DB
カゴヤ・ジャパン S11 1,080円(税込) 100GB・無制限・756円 / 1GB
さくらインターネット スタンダード 515円(税込) 100GB・20個・20個
エックスサーバー X10 1,080円(税込) 200GB・無制限・30個
GMOクラウド ミニ 1,008円(税込) 200GB・60個・30個
お名前ドットコム SD-11 972円(税込) 200GB・無制限・30個
ロリポップ チカッパ 540円(税込) 120GB・100個・30個

本気アフィリエイトならVPSもおすすめ

共用レンタルサーバーだけでなくVPSサーバーもおすすめです。
VPSのレンタルサーバーではドメインやデータベース数の上限はありませんし、
HDDの容量も最近では100GB以上のものが普通になってきています。

専門知識が必要ではないのか?とちょっと敷居が高いと感じている方も、
ソフトウェアのインストールはコントロールパネルから簡単に行えるようになってきていますので、
VPSサーバーでのアフィリエイトサイト運営も視野に入れてみてはいかがでしょうか。

VPSが安くて高機能なレンタルサーバー会社

カゴヤ・ジャパン

一番安いTypeAでも月額864円。
マルチドメインも無制限ですしHDDの容量も200GBありますので十分といえるでしょう。

カゴヤ・ジャパンのVPSの特長としては、
わかりやすく様々な操作が行える管理画面と、
HDDの容量を10GB単位で細かく追加できる点にあります。

さくらインターネット

1Gプランで月額900円、HDD容量100GBとなっています。(SSDの場合は30GB)
前述のカゴヤ・ジャパンに比べるとちょっとHDDの容量は少なくなっています。

さくらインターネットのVPSの特長は複数台管理に強いという点です。
2台、3台と借りるサーバーの数を増やした場合にまとめて管理できたり、
サーバー同士をローカルネットワークで接続させたりすることができます。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲