気軽にレンタルできるマネージド専用サーバー各社比較

公開日: 

専用サーバーを運用できる技術や時間の余裕はないけれどレンタルサーバー(共用サーバー)ではスペックが足りない、という方も多いのではないでしょうか。ここではそんな方におすすめのレンタルサーバー(共用サーバー)感覚で借りられる専用サーバー「マネージド専用サーバー」について解説します。あわせておすすめのマネージド専用サーバーを紹介します。

マネージド専用サーバー

専用サーバーとレンタルサーバー(共用サーバー)の違い

一般的に利用されることの多いレンタルサーバー(共用サーバー)は手軽で安価に利用できる一方、他のユーザーと1つのサーバーを共有して利用している関係上、契約者個別に高い負荷はかけられません。たとえばホームページに大量のアクセスが発生して負荷が高くなった場合などは、他ユーザーに影響しないように利用を制限されることもあります。
その反面、契約者ごとにサーバーをレンタルできる専用サーバーは、他ユーザーへの影響を基本的に考慮する必要はないため、高い負荷にも耐えられるメリットがあります。設定の自由度も高く、サーバーを使って特別な機能を利用することもできます。
その一方で、レンタルサーバー(共用サーバー)と異なり、サーバーの設定や運用はほとんど全て契約者自身で行う必要があるため、サーバー運用に時間をかけられない方や初心者の方には向いていません。また、複数人で同じサーバーを共有するタイプのレンタルサーバー(共用サーバー)と比べて料金も高くなります。
このように、レンタルサーバー・専用サーバーにはそれぞれ一長一短があり、この2種類しかなかった時代には、利用者が困ることも多くありました。そこで登場したのが、マネージド専用サーバーサービスです。

マネージド専用サーバーの特徴と各社比較

マネージド専用サーバーサービスは、その名前の通り、サーバー運用の作業をサービス側が“マネージド”(管理)してくれる専用サーバーのサービス形態です。そのため、初心者の方でも使いやすく手間もかかりません。専用サーバーほどの自由度は与えられないものの、高い負荷に耐えられるメリットがあります。
また、専用サーバーでは、データのバックアップも契約者自身で行う必要がありますが、マネージド専用サーバーではサービス側で行ってくれます。(ただし、契約者本人の誤操作で削除してしまったファイルの復元などには使えない場合も多いので別途バックアップをとっておくことを推奨します。) レンタルサーバー(共用)、専用サーバー、マネージド専用サーバーの違いを簡単に表にまとめると以下のようになります。

共用サーバー 専用サーバー マネージド専用サーバー
サーバーの管理運用 サービス側が行う 契約者が行う サービス側が行う
サーバー利用の難易度・手間 簡単/手間はかからない 難しい/手間がかかる 簡単/手間はかからない
自由度
バックアップ 基本的なバックアップはサービス側が行ってくれる 契約者自身で行わないといけない場合が多い 基本的なバックアップはサービス側が行ってくれることが多い
負荷に対する耐性
料金 安い レンタルサーバー(共用)より高い レンタルサーバー(共用)より高い

このように、専用サーバーと比較すると自由度などの面で劣るものの、レンタルサーバーと専用サーバーの「いいとこ取り」をしたのがマネージド専用サーバーといえます。 以下、人気の高いマネージド専用サーバーをいくつか紹介します。

サービス名/プラン名 月額費用 特徴
KAGOYA マネージド専用サーバー 2,700円~ マネージド専用サーバーとしては圧倒的な低価格で選択できるプランも多い
さくらマネージドサーバー 専用プラン 11,000円~ 人気の高いさくらインターネットが提供するマネージドサーバー。比較的低価格でWebDAVなど機能も多い
WADAX専用サーバー フルマネージドプラン 28,096円~ セコムトラストシステムズの不正侵入検知予防サービス(IPS)やDoS/DDoS対策などのセキュリティ機能が標準装備。オプションで不正侵入検知防御システム(IPS)などの利用も可能。
CPIマネージド専用サーバー マネージドプラン 27,000円~ SLAによって100%の稼働率を保証。サーバーは都内23区内に設置

【KAGOYA マネージド専用サーバー】月額2,000円代で利用できるマネージド専用サーバー

KAGOYA マネージド専用サーバーの特徴は何といってもその価格の安さです。CPUにAtom(1コア)を使った012Atomプラン(メモリは2GB)なら月額2,700円で利用できます。この価格は表を見ていただいてもわかるようにマネージド専用サーバーとしては驚異的で他社にはみられません。スペックが足りない場合には、豊富な上位プランを選ぶこともできます。 最大で10GBまで無料で使えるバックアップサービスも魅力です。

【さくらマネージドサーバー 専用プラン】人気のさくらインターネットが提供するマネージドサーバー

レンタルサーバーの大手・さくらインターネットが提供するさくらマネージドサーバー 専用プランは、WebDAVやWebフォント、サーバーの余った容量をスマートフォンなどで利用できるさくらポケットなど魅力的な機能を多くそろえています。

【WADAX専用サーバーフルマネージドプラン】セキュリティを重視

セコムトラストシステムズのセコム不正侵入検知防護システム(IPS)やDoS/DDoS攻撃防御などセキュリティの高さを売りにしているのがWADAX専用サーバーフルマネージドプランです。日本独自のメール事情も考慮した高度なスパムフィルター「Active! hunter」をオプションで利用できるので、迷惑メールに困っているユーザーにもおすすめです。

【CPIマネージド専用サーバー マネージドプラン】SLAで100%稼働率を保証

CPIマネージド専用サーバー マネージドプランは、通信事業者・最大手のKDDIグループが提供する安心のサービスです。100%稼働率を保証するSLAを提供したり外部のバックアップサーバーへデータを自動バックアップしユーザーがいつでも取得できたりと、ビジネスで安心して利用できるという特徴があります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。レンタルサーバー(共用サーバー)のように手軽に使えて、専用サーバーのように負荷に強いマネージド専用サーバーは利用用途によっては非常に心強いサービスといえるでしょう。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 NTTコミュニケーションズ NTTコミュニケーションズ(Bizメール&ウェブ)
大手NTTコミュニケーションズが提供するレンタルサーバーサービス。
3位 さくらインターネット さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲