Redmineとは?レンタルサーバーにインストールしてプロジェクト管理する方法

公開日:  最終更新日:2016/03/04

Redmineとは何であるか、その説明や導入にあたっての必要な情報、利用するためのインストール方法などについて解説します。また、法人向けのおすすめレンタルサーバー業者についてもご紹介したいと思います。

ビジネスイメージ―疑問

Redmineとは?

はじめに

Redmine とは、プロジェクトを効率良く管理するためのソフトウェアの1種で、タスク(仕事)の管理や進捗管理、情報共有ができます。プロジェクト管理ソフトの中で、最も利用されているのがこのRedmineです。日本語の表記も翻訳風ではないので、使いやすいと思います。またオープンソースソフトウェアのため、プログラム自体は無料です。場合によっては、別途サーバー利用料金と設定料金が必要なものもあります。

利用するとこんなメリットが!

  1. 普段使用しているパソコンのブラウザから、複数のメンバーが同時に利用可能
  2. 離れた支社や拠点で同時に利用可能
  3. 管理するファイルが増えずひとつの画面で管理可能
  4. 個々の作業の進捗の把握が容易
  5. 関係する作業のメンバーに自動的にメールで連絡され、もれがなく忘れない

簡単にRedmineをインストールする!

プロジェクト管理ツールとしては、Redmineはたいへんに魅力的なプログラムです。
しかし実際、通常のインストール作業は複雑です。そのためできる限り早く使いはじめられるよう、いくつかの方法が用意されています。以下、様々なインストール方法について詳しく紹介したいと思います。

通常の方法 (最新版の公式サイト編)

Webサーバーの操作に慣れた方でないと、インストールは困難です。高い専門性と煩雑な作業が必要だからです。Webサーバーとメールサーバーを構築できる方でも、ハードルはやや高いのではないでしょうか。

比較的簡単な方法 (最新版の公式サイト編)

上記の通常のインストール方法を大幅に短縮する方法です。VPS(バーチャル・プライベート・サーバー)の基本操作ができる方であれば、こちらのインストールは簡単にできます。「コマンドを5個実行するだけで、しばらく待てばインストールが完了」します。

比較的簡単な方法 (外部サービス利用編)

The Bitnami Redmine Stackというサービスを利用する方法があります。こちらもVPSの基本操作ができる方であれば、インストールは簡単にできます。対応するOSが、Linux版とWindows版、さらにはMac OS X版がありますので、利用しているレンタルサーバー(VPS)の種類によって導入をご検討ください。
なお、Windows版とMac OS X版は、普段お使いのクライアントパソコンにインストールすることにより、簡易的にデモ環境を用意することができます。プログラム実行ファイルをクリックするだけで、ご自身専用のデモ環境が整います。
H3: 簡易インストール機能のあるレンタルサーバーを利用
海外の業者での利用となります。残念ながら、日本国内でこのサービスを導入している業者は、現時点(2016年2月)ではありません。海外の有名な業者としてはDigitalOceanがあげられ、ここで申し込みができます。全て英語ですが、1クリックでインストールできます。なお同社は、月10ドルからのプランを推奨しています。

インストール不要の公式の業者に申し込む

My Redmineのサービスであればインストール不要で、契約完了とともにすぐにRedmineが利用できます。詳しくは、下記“My Redmine”のトピックスでもふれていますので、そちらも参考にしてください。

インストール可能なレンタルサーバースペック

最新版には下記のスペックが必要となり、ない場合は準備しなければなりません。推奨されているOSのひとつとして、LinuxのCentOSについてあげてみます。下記、公式サイトからの引用です。

ソフトウェア バージョン
Redmine Redmine 3.2.0
OS CentOS 7.1
データベース PostgreSQL 9.2.14
Webサーバー Apache 2.4.6 (Railsの実行にはPassengerを使用)
Ruby 2.2.3

Redmineを通常の方法でインストールするためには、上記のプログラムが全て必要です。単にインストールしただけでは稼動しないこともあります。プログラムにも相性があるため、組み合わせが悪いと動かないこともあるからです。そのため、それぞれのプログラムの相性が良く、互いに悪影響を与えないバージョンの組み合わせでなくてはなりません。
CentOS 7.1でのプログラムのファイルをインストールする方法は、WindowsやMac OS Xの場合と異なります。あいにく実行ファイルをクリックして完了という訳にはいかず、専用のコマンド(文字での指令)による操作が必要です。
また、参加メンバーにメール配信をする場合には、さらにメールサーバーのインストールが必要となります。

法人向けおすすめレンタルサーバー業者5選

カゴヤ・ジャパン

カゴヤ・クラウド/VPSのサービスは、インストールすればRedmineを始めることが可能です。法人向けに定評があり価格設定もリーズナブルですので、同社のプランを検討されてみてはいかがでしょうか。残念ながら、現時点では共用サーバーでは利用できません。

さくらインターネット

さくらのクラウドを利用すると、初期設定によりRedmineのインストールが自動的に実行されます。詳細情報も掲載されています。

My Redmine

一切のインストール作業が不要で、すぐに利用開始できます。1ヶ月の利用料金は8,000円からです。サーバー費用やRedmineの設定、そして管理全てを外注できるので、決して高額ではないと思います。1ヶ月間の無料お試しが可能なため、テストを行ってから安心して本格導入ができます。

DigitalOcean

簡易インストール機能のあるレンタルサーバー業者が、DigitalOceanです。たいへん有名な海外の業者です。サイト上の言語と申し込みは英語になりますが、それほど難しくはありません。
サーバーの設置場所が海外なので、そこはやや不安な点ではあります。ですが記憶装置には、HDDの代わりに処理速度の速いSSDが使われ、また高速なWebサーバー(Nginx)を利用しているので、普段の運用にもそれほど支障はないでしょう。

その他の業者

Redmine Cloud Hostingのサイトに、合計6社紹介されています。ユーザー登録をすれば、1時間限定ですが、実際のサーバーでのお試しも可能です。Microsoft Azureのように、サーバーが日本国内に設置されているサービスもあります。

まとめ文章

ここまでいかがでしたでしょうか。Redmineの概要とその導入方法について解説しました。便利な機能ですぐにでも使用したいところですが、通常のインストールが難しいため、各社いろいろなサービスメニューを提供しています。インストールで断念してしまわないよう、これらのサービスからご自分のスキルにあった方法を選んで利用しましょう。
まずはうまくインストールさせて、本来の目的である、Redmineによる業務改善と効率化を進めていただきたいと思います。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲