専用サーバーとクラウドサーバーの大きな違いとは?

公開日:  最終更新日:2016/01/06

この比較検討をされているお客様は、かなりのビジネス案件を抱えた企業ユーザー様と推測されます。専用サーバーとクラウドサーバーの選択を誤ることのないよう、顕著な相違点について、まとめてみたいと思います。2016

クラウドコンピューティング

大きな違い、それはサーバーのスペックと契約期間!

以前から専用サーバーのサービスは存在し、現在も進化中です。いっぽうクラウドサーバーのサービスは最近のトレンドで、VPS(バーチャルプライベートサーバー)の改良バージョンと考えられます。
専用サーバーとクラウドサーバーの境界は流動的で、完全に決まった違いは意外と少ないのです。誤解を恐れずに言えば、もともとは同じサーバーというハードウェアとネットワーク環境の、提供方法の違いとも考えられます。
それでもあえて特徴的な違いを考えてみると、サーバーのスペックと契約期間になるのではないでしょうか。

専用サーバーに向いているお客様は、すでに多くの案件を抱えている状態にある方です。サーバーのHDD(SSD)やメモリーなどにおいて高い基本性能のプランが望まれることになります。
一方クラウドサーバーは、現状より将来に多くの案件が予想されるため、段階的なサーバーのスペックの増強を必要とするお客様に向いています。あるいは、イベントプロモーションなど短期的利用のため、従来の最低利用期間に縛られない使われ方をしたいお客様向けです。
よって、ビジネスの利用目的に応じて、両者の明確な使い分けが必要となります。そこで。専用サーバーとクラウドサーバーの選択に、必要となる判断材料をまとめてみました。

専用サーバー・クラウドサーバー比較表

下記のように、双方のメリットとデメリットを表にしました。すると相対的な特徴が浮かび上がってくることがわかります。

メリット デメリット
専用
サーバー
ターゲット: 現状多くの案件のあるビジネスユーザー
・大容量のHDD( SSD)とメモリー
・高スペック
・手厚いサポート(一部有償)
・一台のマシンを独占できる
・オプションが豊富
・高い(月額も初期費用も)
・設定と管理が非常に高度
・維持が大変で、外注が必要
・契約期間が固定(1年~)
・移管作業が複雑
クラウド
サーバー
ターゲット:現状より将来多くの案件を予想するビジネスユーザー
・イベント、開発など短期需要に適する
・必要な分だけのスモールスタートができる
・高い拡張性
・契約期間が超短期(1日~)でもOK
・ずっと使い続けると割高になりがち
・サーバーが複数利用のため、他の利用者の影響を受ける

どちらを選ぶ?専用サーバーとクラウドサーバーの魅力と選び方

さて、いよいよ専用サーバーとクラウドサーバーを、実際に選ぶ場面に移ります。この項目では、業界大手のカゴヤ・ジャパンが提供しているサービスを例にとって、解説していきます。

専用サーバーの魅力

何より、1台のサーバーマシンを独占して利用できることが魅力です。マシンのスペックを、自社で最大限享受できます。他に同居する利用者がいないために、マシンにかかる高負荷や回線の混雑度について、余計な心配をしなくても良いのです。
さらには情報セキュリティの観点から、情報データの機密性や完全性より高めることができます。

最近のトレンドは純粋な専用サーバーの提供よりも、むしろユーザーの側に立った「マネージド」な専用サーバーに重点を置いているといえるでしょう。すなわち、「運用や管理」は業者で代行してもらえるということです。
もちろん、ユーザーが自社内にサーバールームを設置して、サーバーを購入し、設定から運用や管理を全て行うのが可用性が高く、理想的です。しかし、そこまで情報資産にお金とスタッフを投入できるのは、一部の会社だけです。やはり、一般的には、自社の状況を鑑みて、サービスを外部委託する必要があります。

カゴヤ・ジャパンでは、この専用サーバーのサービスとして、「マネージド」と「クラウド型」の2種類を用意しています。

このラインアップには、専用サーバーとは思えないリーズナブルなプランから、SSD+大容量メモリー搭載のハイスペックなプランまで揃っています。バックアップの仕組みも完備していて、安心して利用可能です。

クラウドサーバーの魅力

とにかく手軽さとシンプルさが、クラウドサーバーの最大の魅力です。必要なときに、必要なだけ利用でき、使った分だけ料金を支払うこの仕組みは、利用者にとっては大変都合のいい、ありがたいサービスです。

カゴヤ・ジャパンには、カゴヤ・クラウド/VPSのメニューが用意されています。機能を絞り、最も高いプランでも月額換算で3,500円程度に抑えられています。初期費用は無料です。もちろん設定の代行オプションもあります。

なお1台のサーバーを複数のユーザーで安全に、そして安定して利用するために、仮想化技術が使われています。

選び方はビジネスの拡大戦略に合わせることがポイント!

最後に、ビジネスの展開によって、専用サーバーとクラウドサーバーを使い分ける実例をご紹介しましょう。

まず専用サーバーは、すでに書いてきたように多くの案件のある場合や、当初より多くのセールスが期待できる場合に、選択肢に入ります。サーバーへの初期投資に見合うだけの、収益が十分期待されている場合です。

一方クラウドサーバーは、時間とともにセールスが徐々に拡大していくビジネスモデルに適します。例えば、最終消費者向けのエンターテインメント市場では、アプリサービスやオンラインゲームなどのビジネスが挙げられます。
客単価は決して高くはありませんが、圧倒的なボリュームでの急成長が見込まれるビジネスの場合には、サーバーへの投資が柔軟にできる方法を採用すべきです。まさにクラウドサーバーが得意とするところです。

まとめ

いかがでしたか。専用サーバーとクラウドサーバーの大きな違いをお分かりいただけたでしょうか。御社のビジネスに合うメニューを選ぶための、アイデアが生まれてきましたか。
サーバー業者は提供しているサービスを見直して、その都度改善しています。サーバーやネットワーク技術の進展により、革新的なサービスが今後も誕生していくことでしょう。これらの技術の変化に注目して、常に最良のサーバー環境を利用できるのが理想です。皆さまのサーバー選びが円滑に、そしてビジネスの拡大を助ける有益な手段になることを願っています。

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲