AWS(Amazon Web Services)クラウドサービスの解説

公開日:  最終更新日:2015/05/27

Amazonが提供するクラウドサーバーサービス「AWS」は従量課金制で低コスト、使いやすいと人気のサービスです。どんなことができるのか、どういうサービスに向いているのか、初心者にも分かりやすくご説明します。

aws

AWSの仕組み

AWSとはAmazon Web Servicesの略でAmazon.comが提供している仮想マシンサービス、ストレージサービス、メール送信サービス、データベースサービスと様々なサービスやツールで構成されています。
また、それぞれのサービスが非常に高い柔軟性と拡張性を持っているうえ、これらの用意がわずか数分でできるというスピードの速さも特徴の1つです。
また、料金体系は月額固定ではなく従量制となっているため、使った分を使っただけ支払う形態になっています。

無料枠とは?

新規アカウントを開設してから12 か月間、AWS を無料で実際に利用することができるようになっています。と言っても何でも無制限に利用できるわけではなく、AWSのサービスごとに無料で使える量が決まっています。もしその制限を超えた場合は登録したクレジットカードで自動的に決済されるようになっています。
制限量はサービスによりますが、最小限の構成を12か月間使える程度に思って頂ければ良いと思います。詳しくは下記のリンク先を参照してください。
http://aws.amazon.com/jp/free/

AWSなどクラウドサーバーが向いている事例

上記で説明してきたとおり、クラウドサーバーの魅力は「従量課金制なので無駄なサーバー投資がなくて済む」点です。この従量課金制が最も効果的な事例をいくつかご紹介します。

【LINE・モニプラキャンペーン対応】

LINEやモニプラなどでキャンペーンを行うとスパイクアクセスと呼ばれる瞬間的に大量のアクセスが発生することがあります。スパイクアクセスは突発的に発生するため、いつ・どのくらいの量のアクセスが来るのか予測が立てづらく、そのためサーバーの準備も難しかったのですが、AWSを始めとするクラウドサーバーでは数分でサーバーの用意・性能アップができるのでスパイクアクセス発生時に即座に対応できるうえ、アクセス数が減ってきたら利用をやめることで無駄なコストを抑えることもできます。

【スマートフォンアプリサービスのスタートアップ】

ソーシャルゲームに代表されるスマートフォンアプリのユーザー数増加は目覚ましいものがありますが、最初から多数のユーザーが利用して売上が発生するわけではありません。こういった場合にもクラウドサーバーは有効です。使いたいときに使いたい分だけ使える仕組みになっているため、ユーザー数の増加に合わせてサーバーの増強が行えるため資金の少ないスタートアップにとっては無駄なサーバー費用を発生させるリスクを減らすことができます。

【広告配信を行うアドテクノロジーサービス】

非常に高いパフォーマンスが求められることの多いアドテクノロジーの分野においてもクラウドサーバーは有効です。配信先が急激に増えた場合でもそれに合わせて即座にサーバー増強が行えるため、サービス拡張のボトルネックになりません。増強と同様に利用停止も不要になったら即座に行えるため、不確定要素があるアドテクノロジーにおいてクラウドサーバーの柔軟性は大きな助けになるでしょう。

レンタルサーバー業者からも同様のサービスが続々登場

従量課金制のクラウドサービスはAWSだけではありません。日本国内のレンタルサーバー各社からも同様のサービスが続々と登場しています。

【マネージドクラウド byカゴヤ】
http://www.kagoya.jp/cloud/mcloud/

【さくらのクラウド】
http://cloud.sakura.ad.jp/

【NIFTY Cloud】
http://cloud.nifty.com/

【GMOクラウド】
https://www.gmocloud.com/

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲