ハイブリッド・クラウドを分かりやすく解説します

公開日:  最終更新日:2015/05/06

クラウドサーバーの発展形として最近脚光を浴びるようになった「ハイブリッド・クラウド」。その仕組みやメリットなどを初心者の方にも分かりやすく説明いたします。

technology

ハイブリッド・クラウドとは

ハイブリッド・クラウドとはパブリック・クラウドとプライベート・クラウドの双方を組み合わせて、文字通りハイブリッドで利用する形態のことです。ハイブリッド・クラウドとプライベート・クラウドの双方のメリット・デメリットを考慮したうえで効果的に組み合わせ、企業にとってより最適な形になるよう考えられています。

【パブリック・クラウド(オフプレミス)とは】

パブリック・クラウドは大規模なデータセンターを運用している企業によって不特定多数の企業・個人に対し提供されているクラウドサービスのことです。クラウドサービスが広まった当初は単にクラウドサービスと言えばこのパブリック・クラウドを指すことが一般的でした。

【プライベート・クラウド(オンプレミス)とは】

不特定多数の企業が利用するパブリック・クラウドに対し、一企業がクラウド環境を専有して使う状態をプライベート・クラウドと呼びます。クラウドならではの柔軟性はそのまま活かせるため、企業内の部門やグループ会社に細かく分割するなどの利用が可能になっています。

ハイブリッドクラウド登場の背景

AWS(Amazon Web Services)の登場で利用状況に合わせられる柔軟性の高いパブリッククラウドの利用が一気に普及しましたが、一方で個人情報や基幹データなどの機密情報は安易に社外にあるクラウドに保存するわけには行きませんでした。そこで、双方のメリットを活かして同時に利用することで企業にとって機能面・コスト面を最適化するべく生まれたのがハイブリッドクラウドです。プライベート・クラウドや、これまで利用してきた専用サーバーとパブリック・クラウドを組み合わせて企業にとって最適なサーバー環境を構築するハイブリッド・クラウドにいま注目が集まっています。

メリットとデメリット

メリットは何と言ってもパブリック・クラウドとプライベート・クラウドの両方のいいとこ取りをしている点です。個人情報などの機密情報はプライベート・クラウドに保存することで一定以上のセキュリティを担保しつつ、アクセス数のピークが極端に偏っているサイトや突発的にアクセスが増えた場合などはパブリック・クラウドを活用することでセキュリティ面とコスト面の最適化が行えるようになります。
一方でデメリットとしてはその分システム構成が複雑になってしまい、運用がとても難しいものになっていまう点です。統合管理ツールを活用するなどしていかに運用コストを減らすかがポイントになります。

ハイブリッドクラウドが向いている環境

ハイブリッド・クラウドを有効に使うにはどんな環境が適しているのか、いくつか事例をご紹介します。

(1)急激な負荷の増加

通常時はプライベート・クラウドで運用しておき、予想外のアクセスや処理の増加が発生した際に、負荷を分散させるためにパブリック・クラウドを利用するという方法です。普段はプライベート・クラウドを利用しているため、個人情報などの機密情報も当然プライベート・クラウド上に保存され、セキュリティ面の担保ができますし、負荷が増えた時だけパブリック・クラウドを使うので費用も抑えられるでしょう。

(2)システム障害発生時の対応

なんらかのシステム障害が発生した場合に備えて、サーバー環境の予備を用意しておく必要があります。この予備環境は普段は使う必要が無いものなので、必要になった時にだけ必要になった分を利用する、というまさにクラウドらしい使い方が有効です。

(3)プログラムのテスト環境

多くの場合、テスト環境は本番環境から切り離された別の環境になっており、テスト用のためサーバーの性能は本番環境より劣るものが用意されているでしょう。しかし、テストの状況によっては本番環境と同程度の性能が必要になる場合もあります。そうした時にパブリック・クラウドを活用して一時的にテスト環境のサーバーの性能を本番環境並みに引き上げてやることで目的のテストを果たせるようになるでしょう。

国内レンタルサーバー各社でもハイブリッド・クラウド!

ハイブリッド・クラウドは難しく、AWSのような海外クラウドでなければ実現できないわけではありません。国内のレンタルサーバー各社もクラウドサーバーを提供し始めているため、これまで利用してきたレンタルサーバー各社でもハイブリッド・クラウドを実現することは可能です。代表的な国内クラウドサーバーサービスをご紹介します。

【マネージドクラウド byカゴヤ】
http://www.kagoya.jp/cloud/mcloud/

【さくらのクラウド】
http://cloud.sakura.ad.jp/

【NIFTY Cloud】
http://cloud.nifty.com/

【GMOクラウド】
https://www.gmocloud.com/

管理人おすすめ「安心・安全」レンタルサーバーはコチラ!

価格・サーバースペックだけでなく、安定性やセキュリティ、サポート面から判断しました。個人運用だけでなく企業様におすすめのサーバーになります。

順位 イメージ サービス名/説明
1位 カゴヤジャパン
公式サイトへ
カゴヤ・ジャパン
中小企業・小規模ECなど安定が必要なWebサイト運営に最適。専用サーバーが高品質で低価格です。
2位 エックスサーバー
公式サイトへ
エックスサーバー
使用者からの信頼が厚い、高速・多機能・高安定性をウリにしているサービス。
3位 さくらインターネット
公式サイトへ
さくらインターネット
個人におすすめのライト(月額129円)から、ビジネスプランまで幅広いラインナップ。

シェアありがとうございます

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
PAGE TOP ▲